お出かけ

お出かけ

Arena-Badeschiff – © visitBerlin

ベルリンにはそれぞれの好みにあったバーやレストラン、クラブだけでなく、まさにぴったりの地域があります!

Prenzlauer Berg(プレンツラウアー・ベルク)ではカスタニエン・アレー沿いに、昼はブティックやベルリン発のデザインのギャラリーがオープンし、夜は地元のバーやレストランが賑わいを見せています。静けさがお好きな人には、近くのHelmholtzplatz(ヘルムホルツ広場)が最適です。またローゼンタール広場の周囲では、最新流行のアートとファッションを見ることができます。トレンディな魅力とクールなクラブをあわせ持つ典型的なベルリンであるTorstraße(トーア通り)も、パーティー好きの人にとって、もはや穴場ではありません。夜ごと、若きボヘミアンたちが人を見に、そして自分を見せに集ってきます。

近くのOranienburger Straße(オラニエンブルガー通り)には、飲食店がパールのネックレスのように連なっています。散策路となっているこの通りは、Hackescher Markt(ハッケシャー・マルクト)からFriedrichstraße(フリードリヒ通り)まで続いています。ギャラリーでも有名なアウグスト通りには新しい高級レストランもあり、好みにうるさい夜遊び好きにとって、街の新たな中心地区となりました。フリードリヒスハインにあるSimon-Dach-Straße(シモン・ダッハ通り)は、サブカルチャー的な雰囲気のレストランや居酒屋が立ち並び、お出かけに最適な場所です。有名なオーバーバウム・ブリュッケ周辺では、川の両岸でパーティーが行われます。

シュプレー川とSchlesisches Tor(シュレジッシェス・トーア)の間には、ベルリン一有名なクラブが幾つかあります。クロイツベルクには、オラニエン通り沿いに個性的なバーやレストラン、クラブがあり、ベルリンならではのカジュアルな雰囲気が味わえます。またノイケルン、クロイツベルク、クロイツケルンの「境界地帯」は、ベルリン最新の歓楽街です。クラブやバーの数も徐々に増え、この地域はベルリン・シーンの最新ホットスポットになっています。ベルリン歓楽街の古参といえば、シェーネベルクにあるNollendorfplatz(ノレンドルフ広場)です。1920年代には既に、とりわけゲイやレズビアンの中心地となっていました。しかしベルリン西部にあるサヴィニー広場もまた、夜を楽しむ人に人気の場所となっています。

お勧め

ベルリン・ミッテのStrandbar(ビーチバー)では、夜更かししてドリンクを飲みながら、本物の南太平洋の砂浜を楽しめます。また街のSkybar(スカイバー)からは、壮大な景色が眺められます。営業時間及び住所は、visitBerlin.de をご覧ください。

その他の情報(英語)